独身子供なしでも家を買うべき理由をファイナンシャルプランナーが解説

マイホームの購入は、今まではファミリー世帯が多いというイメージが強かったですが、最近では単身者の割合が前年比で増加傾向にあるように男女ともに独身でマイホームを購入する方も増えています。
家賃はいくら払っても所有者にはなれませんし、ずっと払い続けるのがもったいないと考える方もいるでしょう。

老後を考えたときに、頼る人もおらず、落ち着いた家もないと思うと不安が募るばかりという方もいらっしゃいます。高齢になってから賃貸物件が借りられない可能性もあります。将来設計を考えたときに様々な不安が出ることも考えられます。
購入すれば自分の資産にもなりますし、老後の備えにもなります。住宅ローンや税金等かかる費用もありますが、大きな安心も手に入ります。住宅ローンが低金利な今の状況と相まって、税制優遇や補助金制度の利用も手厚いうちに購入に踏み切ろうと考える単身者が増えています。
単身者は、住宅ローンの完済(すべて支払いを終えること)をできれば定年退職までに終えたいと考える方が大半です。歳をとってから働けなくなる可能性もありますし、退職後も返済が続く場合、生活の不安も出てきます。そうなると、退職から逆算し30代~40代での購入に踏み切るのも分かりますよね。

目次

マンションと一戸建て、どちらが良い?

では、購入を検討した時、マンションと一戸建て、どちらが良いのでしょうか?それについては、個人のライフスタイルによって変わってきますので正解があるわけではないのですが、それぞれのメリット・デメリットを把握しておくのも良いでしょう。

マンション購入のメリットとデメリット

まずはマンションのメリット。マンションは、駅や職場等に近いといったアクセス環境の良い所に多いです。そのような立地のところは、食材や日用品等日々の買い物にも困りません。戸建てで駅に近い好立地だと、土地の価格だけでとても高額になってしまいます。そしてマンションなら、エレベーターや防犯カメラ等のセキュリティ面も整っているので安心です。宅配ロッカーが完備されていたり、共有施設が充実していたり、ゴミ出しもある程度時間を気にせず自由にできたりと便利です。
逆にデメリットとしては、毎月管理費等の費用がかかること、お隣さんなど近隣の方との人間関係に気を遣うこと、マンション全体のルール(管理規約)があることです。ペットと生活をする方も飼育可能かどうか規約の確認が必要です。

戸建て購入のメリットとデメリット

戸建ては何といっても理想の広さやお部屋にこだわれる、庭付きが多い、駐車場の費用がかからない等のメリットがあります。建売で売っている戸建てはモデルルーム仕様など、オシャレで高級感があっても割安で購入できるものもあります。間取りや部屋も広いので人数が増えても余裕があります。上下階に他人が住んでいることもなく、隣家といってもマンション程お隣と距離が近いわけではないので、そこまで神経質になる必要もありません。

戸建てのデメリットとしては、警備体制や管理会社があるわけではないのでセキュリティ面の不安もあり、庭の管理、建物のメンテナンスはすべて自身で行わなければなりません。費用もマンションより高くなります。そしてマンションよりも広いので、光熱費が高くなる傾向にあります。町内会や自治体もあり、それに伴ってご近所付き合いもあります。

利便性を優先したマンションか、こだわりを追求しゆったりと過ごせる一戸建てか、それぞれのメリット・デメリットを考慮して決断するのが良いでしょう。

そして自分の資産であれば、結婚後新しい家族の形になり住宅もファミリー仕様にしなければならなくなった時には賃貸として貸し出す事や売却も検討できます

30代で購入を検討する場合、そういう可能性も視野に入れて、立地条件を重視した物件選びが大切です。
そして、最寄駅から近く職場等へのアクセスにも便利な物件だと大きく値崩れすることも起こりにくく、売却する際にも有利です。賃貸としても借り手が付きやすいです。

まとめ

ずっと結婚しなかった、できなかったから、シングル用の家を購入するという固定概念の考え方はもう過去のものです。

職場とただ寝るためだけに帰る家の往復ではなく、より快適な毎日を過ごすための家の購入を検討するのも良いでしょう。その際、立地条件やアクセス環境を考慮し、生活環境の変化の為に売却や賃貸に出すことになってもスムーズに対応できる物件にしておけば、ライフスタイルへの影響も少ないですし不安も解消されます。
「独身なんだから家は購入しない」から、「独身だからこそ今のタイミングで家を買う」という選択肢に切り替えてみても良いのではないでしょうか?

記事の監修

須藤 雅
2級ファイナンシャル・プランニング技能士、AFP、証券外務員Ⅱ種
自治体や中小企業向けに開催されるセミナーの講師も務める。幅広い知識と経験を活かし、若手層から子育て世代、シニア世代と各世代への相談業務を得意とする。

メッセージ
お客様にとって最適でイメージができるライフプランを作成し、具体的な未来を見据えてより良いプランを一緒に考えていきましょう。 ​いろんな悩みについて、お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

■ペンネーム
Mare8
■不動産歴
6年
■保有資格
宅地建物取引士、AFP
■得意なジャンル
不動産売買関連
■自己紹介
不動産業界歴は6年目です。不動産会社でパート勤務をしています。業務では、主に土地の売買仲介に携わっています。現地調査から役所調査、契約関係書類の作成をしています。
将来的に避けて通ることはできないであろうと思い、空き家対策関連の講習等に参加したりしてノウハウを勉強中。
宅建士とAFPの資格を保有していますので、その知識を活かしてお客様の相談にもたまに対応させていただいています。
経験を活かした執筆ができればと思います。

コメント

コメントする

目次